漫画

正直不動産ネタバレ2巻【”黒は言葉一つで白に”が常識の世界】

正直不動産ネタバレしています。
2巻は永瀬の本音がどう転がっていくかな?!

正直不動産ネタバレ2巻

正直不動産 2巻 あらすじ

各界から大反響!! 痛快皮肉喜劇。嘘が上手くつけなくなった、かつての凄腕不動産営業・永瀬。課長への昇進どころか、成績急降下により、クビの危機に…!!売り上げ増と正直営業の狭間で藻掻き苦しむ日々を過ごす。度重なる試行錯誤の先に、活路を見出だすことはできるのか。不動産屋と消費者の情報格差に鋭く斬り込む大反響コミック第2集。

==>正直不動産を無料で試し読みする

正直不動産 ネタバレ感想 2巻

社長に悪条件の物件を売ってこいと言われ
窮地に立たされている永瀬。

嘘がつけなくなってしまったせいで
お客を怒らせるは、不信を抱かせるはで
ハラハラの展開。

もう耐えられないと退職届を出す寸前で
ライバルだと思っていた後輩桐山に救われる。

ギリギリ首の皮一枚繋がったものの
嘘がつけないせいで永瀬のピンチは終わらない・・・

2巻も自分がお客の立場だと勘弁してほしい話が満載すぎて、
これが事実なら本当にビビる。

土地や建物の売買なんて、
一般人はほとんど機会がないと思うけど、
客に気づかれるまで「グレーはグレーのまま」、
「黒は言葉一つで白に」が習慣化されている業界なんだな
と改めて怖くなった。

2巻のテーマは、中間省略登記、建築条件付土地売買、
告知義務など盛りだくさん。

永瀬が正直に思っていることを口に出してしまうのは、
1巻と変わらずで、それはそれはトラブルメーカーになっちゃってる。
こんな同僚いたら、うちの会社潰れるんじゃないかとヒヤヒヤするわ。

でも新聞でアパマンショップの事故の話とかを読んでると、
「正直不動産」で語られることの信憑性が増してくるな〜。

価格なんてあってないようなものだし、
儲けが美味しすぎて不動産業界の汚い部分なんて
誰も表に出してこなかったんだろうけど、
あんな事故があり、こんな漫画が出ると
あぁ、やっぱり汚い業界だったのかと
再認識されられるな。。。

そして2巻では新しく来た上司のせいで人がどんどん辞めていきます。
嫌な上司が来て敵が増えていく展開。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2巻もスマホでサクッと読みましたが、
今なら不動産業界の裏側が無料で読めます♪
⇒試し読みはこちら!

※「正直不動産」と検索すると見れます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正直不動産ネタバレ2巻