スポーツ選手

リーチマイケルの嫁の出身は?出身校や年齢・身長・体重も調査!

リーチマイケル選手のお嫁さんの出身はどこ?日本人なの?リーチマイケル選手の出身校や年齢、身長、体重は?と気になることが満載!

2019年のワールドカップで大活躍しているだけにますますリーチマイケル選手がどんな人生を歩んできたのか気になったので、今回はリーチマイケル選手のお嫁さんの出身はどこなのかや、リーチマイケル選手の出身校や年齢、身長、体重について調べてみました。

リーチマイケルの嫁の出身はどこ?馴れ初めや出会いは?

リーチマイケル選手は結婚しているのかなぁ?と気になり調べてみたところ、2012年に結婚していました。

リーチマイケル選手のお嫁さんは東海大学時代の同級生で「知美(さとみ)」さんです。

リーチマイケル選手はニュージーランド出身なので、お嫁さんも外国人だったりするのかな?帰国子女だったとか?などと思いましたが、お嫁さんが日本の方で日本人でした。

リーチマイケル選手の嫁の知美さんはリーチマイケル選手の第一印象について「全然しゃべらなくてシャイな人」、「日本語がしゃべれないと思った」ということもあったそうで、ビビビッと電気が走る恋をしたわけではないようですね。

リーチマイケル選手が「バドミントンの授業、レポートあったよね?」と声をかけてきたことをきっかけに日本語が話せることを知り、そこからコミュニケーションが始まったそうです。

付き合ったきっかけは判明しませんでしたが、インタビューでリーチマイケル選手のことを聞かれ「全身毛むくじゃら」と嬉しそうに答える嫁の知美さんをみていると、あの毛さえも愛おしい♡というハッピーオーラが漂ってたので、結婚して7年ほど経ちますがまだまだラブラブな感じですね。

リーチマイケルの嫁は元バレーボール選手!

そんなリーチマイケル選手の毛さえも愛おしく感じている嫁の知美さんですが、実は元バレーボール選手というだけあって身長も171cmと女性にしてはけっこう長身。

他にもライフセービングの資格を持っていたりとスポーツ万能な知美さん。

きっとラグビー一筋のリーチマイケル選手だったからこそ、スポーツ好きでアクティブな女性の知美さんに惹かれたんでしょうね♡

父はラグビーの日本代表、母は元バレーボール選手でスポーツ万能となると、子供の身体能力もめちゃくちゃ高くなりそうですよね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

リーチマイケル選手の子供についてはまた後ほどご紹介していきますね。

リーチマイケルの嫁の性格がリーチを支える?


リーチマイケル選手の嫁の知美さんの性格はどんな性格なんだろう?日本代表のキャプテンまで務める夫を持つ女性はどんな性格なのかな?と気になったので調べてみました。

まずはアスリートの嫁=食事の栄養管理がバッチリ!というイメージがありますが、リーチマイケル選手のお嫁んさんも、食事の面でもしっかりとリーチマイケル選手を支えていました。

ある日の食事は、
・キノコ料理
・カボチャスープ
・納豆
・サラダ
・ご飯3合
・特大ステーキ600g

というメニュー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

タンパク質や糖質などバランスの良い食事を作っていて、毎日こんな手料が食べれるなんてアスリートにとってこんな嬉しいことはないですよね。

また、リーチマイケル選手が2013年に左足首の骨折をしてしまい、入院・治療へ専念を余儀なくされてしまった時、ほとんど弱音を吐かないリーチマイケル選手が、

「ラグビーを辞めたい」

と言ったことがあったそうです。

そんな時、「ラグビーを辞めても、二人で働けば生活は何とかなるよ」

と声をかけました。

その言葉に安心したリーチマイケル選手は人にお願いしたことがなかったマッサージを知美さんにお願いするようになり、知美さんも本格的にマッサージを勉強。

体重105kgのリーチマイケル選手の体をマッサージするには、全体重をかけてマッサージするようで知美さんの方が筋肉痛になってしまうこともあるとか・・・

それでも知美さんが喜んでマッサージを続けるのは、リーチマイケル選手に「家でいつでもマッサージしてもらえるのは全然違う」と言ってもらえるからでしょう。

食事の面でのサポートやマッサージでの体のケアなど、家に帰っても強力で心強いサポーターがいるからこそリーチマイケル選手のメンタルは強くなり、ラグビーのプレーも素晴らしくなるのでしょうね。

献身的にリーチマイケル選手を支える嫁の知美さんの性格は前向きで、人に尽くせる、愛のある性格の持ち主と言えそうですね。

リーチマイケルの嫁と子供のキュンキュン画像!

さた、そんな素敵な奥さんや子供と過ごす時のリーチマイケル選手の画像はないのかな?と探してみたところありました。

子供ちゃんは2013年11月生まれの女の子で、名前は真依(まい)ちゃん。

くるんくるんの髪の毛が可愛らしいですね♡

リーチマイケルの出身校(中学校・高校・大学)は?いつ日本に来たの?

リーチマイケル選手の出身校についてまとめてみました。

リーチマイケルの出身校・中学校

リーチマイケル選手の出身校、中学校はニュージーランドのセント・ビーズ・カレッジです。

中学校時代の友人の母親が日本人であったことから、中学校の頃からカツカレーやツナマヨのおにぎりなどの日本食や「いただきます」、「ごちそうさま」などの文化に触れており、日本に興味を持っていきました。

この友人とは神戸製鋼でラグビー選手として活躍しているイーリ・ニコラス選手。

イーリ・ニコラス選手↓

イーリ・ニコラス選手の父親が留学事業を手がけていたことから、リーチマイケル選手の日本への高校留学が決まりました。

リーチマイケルの出身校・高校

リーチマイケル選手の出身校、高校は札幌山の手高校の体育コースです。

15歳で来日し、お寿司屋さんにホームステイしながら日本の高校に通っていました。

ホストファミリーの夫婦は実の息子3人と同じようにリーチマイケル選手と接し、ホームシックになることもなく今でもそのご夫婦「お父さん、お母さん」と呼んで慕っているようです。

リーチマイケルの高校時代の400g×2ハンバーグエピソード!

日本に来た当初は今から想像もできないくらい体も細く、「これでは当たり負けしてしまう!」と思ったことから、高校の時はびっくりドンキーに通い、400gのハンバーグを2つも食べて体を大きくしていったようです。

リーチマイケルの出身校・大学

リーチマイケル選手の出身校、大学は東海大学の体育学部スポーツ教育学科です。

東海大学ではかなりの成績を残しており、大学2年時にはU-20日本代表のキャプテンを務めてラグビージュニア世界選手権に出場。

大学3年時には全日本大学選手権で優勝。

大学時代にキャプテンを務めたリーチマイケル選手ですが、「自分はキャプテンに向いていないからもう2度とやりたくない」とインタビューで話していましたが、自身の気持ちとは裏腹に面倒見の良さやチームを引っ張る力があることから日本代表のキャプテンに選ばれ続けていますね。

リーチマイケルの年齢・身長・体重は?

リーチマイケル選手は1988年10月生まれの30歳!(2019年9月現在)

その風格や落ち着きぐあいから見ても到底30歳には思えないでのすが、正真正銘ついこの間まで20代だったんですね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

あるテレビ番組でも日本トップ3に入るくらい大人びた30歳と言われていましたが、本当に見た目も話し方も試合中の冷静さのどれを取ってもそう思えてしまいます。

そして細身の体で来日した高校時代は75kgしかなかった体重もびっくりドンキーのハンバーグ効果で現在は105kgまで増量しており、身長も190cmというラグビーにはもってこいの恵まれた体格です。

ラグビーワールドカップの試合を見ていても、その身長体重から繰り広げられるタックルの力強さには驚きです。

毎晩11時頃までウエイトトレーニングをしているようで、高校時代の75kgのリーチマイケル選手と比べるとまるで別人のような体格になっていますね。

まとめ

今回はリーチマイケル選手のお嫁さんの出身はどこ?日本人なの?リーチマイケル選手の出身校や年齢、身長、体重は?と気になることを調べてみました。

中学校の頃から日本と縁があったようで、国籍まで日本にしてくれたリーチマイケル選手。

これからもラグビー選手としてのますますの活躍を応援しています♫